注意してほしい結婚後の苗字変更

主に結婚をすると、女性の方が苗字を変えることになり、嫁ぎ先の苗字に変更しなければならない。

その場合も姓名判断が関わってきますけども、嫁ぎ先の苗字までは変えることは出来ません。

たとえ苗字が変わり、総画数が大凶でも心配なさらないことです。

気にする人は、パートナーの苗字を確認して、交際をはじめる方もいらっしゃるようですが、そこまですると逆に、婚期を逃しているようにも思えます。

幸運の持ち主と、大凶の人が結婚して中吉になる。

そんな軽い感じでいいと思います。

姓名判断も大事だけど、総合的に見た運勢も大切です。

離婚後に苗字を変更

離婚後に、苗字を変える場合は、特に注意が必要です。

自分だけならまだしも、親権を握り子供の苗字も変えるとなればなおさらです。

子供の画数もそうですけど、その他の学校へ提出する苗字変更書類やいろいろ大変です。

子どもがまだ小学校低学年の場合は、苗字が変わることで虐められる場合だってあるようです。

だから苗字を変える前に、よく考えて変更するようにしましょう。

また、離婚が原因の苗字変更は、正当な理由がない限り旧姓に戻ることになります。

新しい苗字にする場合は、家庭裁判所の審査が必要になってきます。

『ただこの苗字が嫌になった』などの理由だけでは、変更は許可されませんのでご注意ください。

旧姓に戻ることに本人は、抵抗ないと思うけど、子供が関わってくるとそうもいきません。

総画数も踏まえ、どちらが良いかよく考えてください。

  • ---
  • Yahoo!占い