あの世の存在者と会話する霊媒師

霊媒師とは、相談者の周りの霊の声を聞き、なぜその相談者にとりついているのか、また悪事を働いているのかを聞き出し人と、霊的存在の仲介役を担っている人のことを指します。

あの世の存在者と会話する霊媒師

また、その相談者に憑依をしているような場合は、除霊という作業を行うことで、その霊を体から取り除き、浄霊をすることで封印をするのです。

中には、お寺や寺院で修業を行い、得度を得てこのような作業を行っている人もおり、そのような人のもとには、日々多くの悩める人々が相談に訪れているのです。

しかし中には、何の能力も有していないにも関わらず、霊媒師を名乗ってインチキ商法を行っているというケースもあります。

特に悪霊が取りついているので、それを取り除くために、物品を買うことを勧められたり、聞いてもいないのに突然霊がとりついているので、お払いをしなければならないといった内容のこよを言う場合は、偽物であることが多いので注意が必要です。

加えて周りの人を威圧したような言い方をしたり、自慢話をするような場合も同様です。

本物の霊媒師は、何の根拠もなく多額の金銭を要求したり、人を脅したりすることはありません。

その言動や態度から、霊媒師が本当に能力を有している人であるのか、そうでないのかを見極めることができます。

パワーストーンとは、古くから願いを叶えるためや、魔除けとして大切にされてきた天然石のことで、その石を身に着けた人に、何らかの変化をもたらしてくれるとされています。

しかし、パワーストーンは薬やサプリメントのようなものではなく、身体に直接作用したり即効性のあるものではないので、天然石そのものに願いを叶える力が宿っているというよりは、それぞれの願いに当てはまる石を持つこと。

その人の意欲や、やる気が湧いてきて、元々備わっている潜在能力が引き出された結果として、願いが叶うというように考えられています。

パワーストーンは、自然が生み出した天然石なので、似ている石はあっても色や模様などが一つ一つ違っており、世界に一つだけの、自分のための石だと考えて購入する人も多いです。

また、各天然石ごとにもたらされる効果は異なり、誕生日や誕生月によってパワーストーンが決められており、自分の誕生石は、生来のエネルギーを整えてくれるとされています。

それから、身に着ける前に、お払いのような儀式が必要だという説もありますが、あくまで気の持ちようなので、そのままつけて問題ありません。

あと、重ね付けすると効果が打ち消されるという心配もないので、好きなだけ身に着けられます。